ハタノワタル 和紙からの仕事展のご案内

2018.12.05

ハタノワタル 和紙からの仕事展のご案内

EXHIBITION VOL.93: KYOTO YAMAHON

ハタノワタル 和紙からの仕事展

会期 2019年1月4日(金)〜1月23日(水)
開廊時間 11:00〜18:30
休廊日 木曜
作家在廊日 1月4日(金)
場所 京都やまほん

Wataru Hatano: Handmade paper

Jan. 4 - Jan. 23, 2019
FRIDAY- WEDNESDAY 11:00 - 18:30
MAP: Kyoto Yamahon

黒谷和紙で知られる京都・綾部にて手漉き和紙を制作するハタノワタルさんの 仕事を紹介いたします。素材である楮(こうぞ)から育て、箱や敷板など日常に使うことのできる道具で和紙の魅力を伝えるハタ ノさんですが、近年、その仕事は住宅や店舗などの室内空間の仕事や平面作品 とますます広がりを見せることで、和紙の可能性をも広げています。今展では 染紙、名刺入れからA4サイズまでの様々な紙箱、平面作為品など幅広い作品 が並びますどうぞご高覧ください。

We are pleased to hold the exhibition of Wataru Hatano who makes handmade Japanese paper in Ayabe City, Kyoto. Ayabe is well known for traditional handmade paper called “washi” in Japanese. Wataru Hatano cultivates by himself the mulberry trees used to make his paper works. He conveys the charm of “washi” with products that can be used daily like boxes, coasters, and boards. In recent years, he has been working on interior spaces such as houses and shops, and two-dimensional works. By doing so, he is expanding the possibilities of “washi”. In this exhibition, a wide range of works including dyed papers, various sized boxes, and two-dimensional works, will be presented.


PROFILE

ハタノワタル WATARU HATANO
1971淡路島生まれ
1995多摩美術大学絵画科油画専攻卒
1997黒谷和紙研究生となる
1998ベトナムに紙漉き職人として派遣
黒谷和紙協同組合青年部を立ち上げる
以後、各地で展示会を開催
2017うつわ京都やまほんにて個展

ハタノワタルの作品一覧