酒の器 II 展のご案内

2017.10.12

酒の器 II 展のご案内

EXHIBITION VOL.79: KYOTO YAMAHON

酒の器 II 展

会期 2017年12月1日(金)〜12月20日(水)
開廊時間 10:00〜18:30
休廊日 木曜
場所 京都やまほん

Group Exhibition: Sake Vessels

Dec. 1 - Dec. 20, 2017
FRIDAY- WEDNESDAY 10:00 - 18:30
MAP: Kyoto Yamahon

ライフスタイルの変化に伴い、器の形やその習慣さえも変化する昨今。
お酒を召し上がる人も随分と減るっているようで、徳利を傾け、盃を交わすといった習慣も減少しつつあります。
酒の器は皿や鉢などの器とは違い、日本酒を呑むことに限定された器ゆえに作り手の酒への思いや陶磁器への趣向がより強く反映されます。
盃という小さな器には陶芸家としての生き方が器に色濃く宿り、人間の素朴さ、雄大さ、力強さを感じることができます。
世代や産地も異なる9名の作家の酒器が並びます。どうぞご高覧ください。

Along with changes in lifestyle, the shape of tableware and even their habits have changed. The number of people who drink alcohol seems to be drastically decreasing and the custom to drink at home sake with somebody using Tokkuri (sake bottle) and Sakazuki (sake cup) is also disappearing in Japan. Different from tableware such as plates and bowls, sake vessels are limited for drinking sake only. Therefore sake vessels are affected by the potter’s feelings for sake and his thinking concerning pottery. Their works are expressed by the way of living as potter and we can feel the simplicity, majesty and power of human beings. We will exhibit sake vessels made by 9 potters from different generations and areas.


PROFILE

岸野 寛 Kan Kishino
1975京都市精華町生まれ
1994京都市立銅駝美術工芸高校陶芸科終了 、伊賀 土楽窯 福森雅武氏に師事
2004伊賀市丸柱にて独立
2009ギャラリーやまほんにて「岸野寛 辻村唯 細川護光 展」開催
2012ギャラリーやまほんにて個展開催 他、展覧会多数

岸野寛の作品一覧


辻村塊 Kai Tsujimura
1976年奈良県に生まれる
1994年父・辻村史朗に師事
2000年奈良県桜井市に築窯、独立

辻村塊の作品一覧


辻村史朗 Shiro Tsujimura
1947年奈良県御所市に生れる
1965年画家を志し、東京へ上京。井戸茶碗に魅せられ作陶を決意
1966年奈良の禅寺三松寺(曹洞宗)にて修行
1969年作陶をはじめる
1970年奈良・水間に家を建てる
1977年奈良市水間にて初個展
1993年英国・ウエスト デボンに築窯
■作品所蔵美術館
クリーブランド美術館・ミネアポリス美術館
ブルックリン美術館・フリーア美術館
メトロポリタン美術館・サンフランシスコ美術館
カンザス大学付属美術館・ノースキャロライナ美術館
ボストン美術館・クラーク財団・パーク財団
フランクフルト工芸美術館・ストックホルム美術館
裏千家茶道資料館・MIHO MUSEUM

辻村史朗の作品一覧


辻村唯 Yui Tsujimura
1975年奈良県生まれ 幼少期からやきものに触れ育つ
1993年父、辻村史朗に師事し、本格的に陶芸の世界に入る
2000年奈良県水間にて築窯し独立
2003年大阪阪急百貨店にて初個展
2009年ギャラリーやまほんにて「岸野寛 辻村唯 細川護光 展」開催
2012年うつわ京都やまほんにて個展開催
他展覧会多数

辻村唯の作品一覧


中里隆 Takashi Nakazato
1937年唐津焼十二代中里太郎右衛門(無庵)の五男として生まれる
1959年京都市立工芸指導所に学ぶ
1960年京都清水坂・松風栄一に入門
1961年佐賀県立窯業試験所で井上萬二らに轆轤の指導を受ける
1961年朝日新聞社主催第10回現代日本陶芸展にて、陶彫
「双魚」第一席受賞
1967年アメリカ、欧州、中近東、東南アジア、韓国などを1年間旅行
1971年小山冨士夫先生(昭和50年10月没)の推薦により、
種子島へ渡島
西之表市古園に築窯し、種子島焼きを始める
9月、日本橋三越及び大阪高島屋にて種子島焼きの初めての個展を開催以降、各地にて個展を開催する
1974年種子島を引き上げ、唐津に帰る
唐津市見借に窯を築き、唐津南蛮等を主として作る
1974年小山冨士夫先生より隆太窯と命名
1985年日本陶磁協会主催の現代陶芸選抜展賞を受賞
1995年アメリカ コロラド州スノーマスアンダーソンランチ・アー
トセンターにて夏・冬作陶

中里隆の作品一覧


中里太亀 Taki Nakazato
1965年唐津に生まれる
1988年中里隆氏のもとで やきもの を始める
1993年柿傳ギャラリーにて、中里隆氏、奥三十郎氏、三人展
1994年万葉洞みゆき店にて、中里隆氏、太亀氏、父子展
1995年伊勢丹新宿店にて初個展 以降、各地にて個展を開催
2006年新しく登り窯を設計、築窯

中里太亀の作品一覧


福森雅武 Masatake Fukumori
1944年2月 生誕
1969年土楽七代目当主となる
1994年4月 銀座吉井画廊にて個展開催
1996年2月 大阪難波高島屋美術画廊にて個展開催
2003年10月 フランスのギャラリー・YOSHI PARISにて個展開催、ほか

福森雅武の作品一覧


細川護光 Morimitsu Hosokawa
1972年熊本生まれ
2006年三重・土楽窯、湯河原・不東庵を経て、熊本にて開窯
2009年ギャラリーやまほんにて「岸野寛 辻村唯 細川護光 展」開催
他展覧会多数

細川護光の作品一覧


矢野直人 Naoto Yano
1976唐津市に生まれる
19945年間アメリカ留学
2002佐賀県立有田窯業大学校卒業
2004自宅・殿山窯(唐津市鎮西町名古屋)にて作陶を始める

矢野直人 の作品一覧

gallery yamahon | 三重・伊賀

Exhibition KNITOLOGY展
2017年12月9日(土)〜 12月25日(月)

gallery yamahon
〒518-1325 三重県伊賀市丸柱1650
tel/fax 0595-44-1911
closed 火曜日
info@gallery-yamahon.com

京都やまほん | 京都

Exhibition 常設展示
2017年11月17日(金)〜11月29日(水)

京都やまほん
〒604-0931 京都市中京区榎木町95番地3
延寿堂南館2階(二条通寺町東入)
tel/fax 075-741-8114
closed 木曜日
kyoto@gallery-yamahon.com