安藤雅信 陶磁器展のご案内

2019.06.17

安藤雅信 陶磁器展のご案内

EXHIBITION VOL.102: KYOTO YAMAHON

安藤雅信 陶磁器展

会期 2019年7月5日(金)→ 7月17日(水)
開廊時間 11:00〜18:30
休廊日 木曜
作家在廊日 7月5日(金)
場所 京都やまほん

Masanobu Ando : Pottery

July. 5 - July. 17, 2019
FRIDAY- WEDNESDAY 11:00 - 18:30
MAP: Kyoto Yamahon

多治見市で作陶する安藤雅信さんの展覧会を開催いたします。工芸と美術を現代の生活に結びつける活動とも言える生活工芸。昨年末には生活工芸についての考えと陶歴36年の歩みをまとめた作品論文を上梓され、ますます意欲的に活動されています。本展では中国茶の茶道具や日常の器、オブジェまでと幅広く出品して頂きます。器のようなオブジェ、オブジェのような器とその境界線を無くすように作られた多種多様な作品をどうぞご覧ください。

We are pleased to hold the exhibition of Masanobu Ando, a ceramic artist based in Tajimi, Gifu prefecture. Seikatsu-Kougei (Lifestyle Crafts) is a movement which connects crafts and arts to our lifestyles in the modern era. At the end of last year, he published a work report collating his thoughts on Lifestyle Crafts and his 36 years of making ceramic works. He has since been working even more enthusiastically. At the exhibition, we will be showcasing tea tools for Chinese tea, tableware for daily use, and art works. Some of them are made to cross the boundary of arts and crafts, and some seem to eliminate its boundary. There will be a wide variety of works on show and we look forward to welcoming you at the gallery.


PROFILE

安藤雅信 MASANOBU ANDO
1957岐阜県多治見市生まれ
美術大学卒業後、現代彫刻作家として活動
その後、実家の器卸業を手伝いながら独学でやきものの技術を習得
1998ギャラリー「百草」を開廊
陶芸家とギャラリー主催者、両輪で活躍
2016うつわ 京都 やまほんにて個展

安藤雅信の作品一覧