望月通陽 ブロンズ彫刻展のご案内

2019.07.30

望月通陽 ブロンズ彫刻展のご案内

EXHIBITION VOL.104: KYOTO YAMAHON

望月通陽 ブロンズ彫刻展

会期 2019年8月23日(金)→ 9月11日(水)
開廊時間 11:00〜18:30
休廊日 木曜
作家在廊日 8月23日 (金)
場所 京都やまほん

Michiaki Mochizuki : Bronze Sculpture

Aug. 23 - Sept. 11, 2019
FRIDAY- WEDNESDAY 11:00 - 18:30
MAP: Kyoto Yamahon

静岡を拠点に活動する望月通陽のブロンズ作品展を開催致します。望月は染色、陶芸、ガラス絵、紙版画、リトグラフ、木彫など多彩な手法を用いて独自の作品世界を展開してきました。ギャラリーやまほんでは染色を中心に多様な展覧会を開催してきましたが、今展ではブロンズ作品に焦点を絞り、望月の立体造形を堪能していただきたいと思います。鋳型に流して制作するブロンズ作品は手間暇がかかる一方、その質感はやはりブロンズでしか得ることのできない空気感を持ちます。永遠を感じさせる柔らかで自由な造形をどうぞご覧ください。

We are pleased to hold the exhibition of the bronze works of Michiaki Mochizuki, based in Shizuoka. He uses various techniques such as dyeing, pottery, reverse glass painting, etching, lithography, woodcarving and bronze to build his own unique world. At gallery yamahon, we held already several of his exhibitions mainly showing dyeing works but this time we focus on bronze works, especially on recent works. Bronze works cast in plaster mold, requires a lot of work and looks imposing. However, it has an ambience that only the texture of bronze can have. Please come to have a look at the gentle and liberated shapes of Michiaki Mochizuki.


PROFILE

望月通陽 Michiaki Mochizuki

1953静岡生まれ
染色、陶芸、ガラス絵、紙版画、リトグラフ、木彫、ブロンズなど、多様な手法を用いて 独自の作品世界を築いている。「宮本輝全集(全14巻)」など装幀も多く手がけ、 ’95年講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。 画文集「道に降りた散歩家」で’01年ボローニア国際児童図書展賞次席受賞。 作品集に『円周の羊』など。
2007 2010 2014 2017ギャラリーやまほんにて個展開催

望月通陽の作品一覧