トークセッション「土で表現すること」@森美術館(東京)

トークセッション「土で表現すること」@森美術館(東京)

「MAMリサーチ007:走泥社―現代陶芸のはじまりに」展関連プログラム

トークセッション「土で表現すること」

話題の塩田千春展が開催されている森美術館で、7月25日(木)に行われるトークセッション『土で表現すること」にgallery yamahonの代表、山本忠臣が参加いたします。詳しくは森美術館のホームページをご覧ください。

日時 2019年7月25日(木)18:30~20:30(受付開始 18:00)
場所 森美術館オーディトリアム
出演 植松永次(アーティスト)
山本忠臣(ギャラリスト、建築家)
中村裕太(アーティスト)
德山拓一(森美術館アソシエイト・キュレーター)
ご予約 森美術館ウェブサイト

古来、土をつかった表現は、埴輪や縄文土器など生活に密着した祭器や道具に用いられ、戦国大名たちの間で「名器は城ひとつに値する」と言われるまでその価値が高まった時代もありました。現代社会においてもその表現は私たちの日常生活と切っても切れない関係にあります。本プログラムでは、土の表現者の植松永次氏と「MAMリサーチ007:走泥社」の企画者が、陶芸の歴史を紐解きながらその表現の可能性について語り合います。