生活工芸展 VIのご案内

生活工芸展 VIのご案内

VOL.131_Objects for Intentional Livings

生活工芸展 VI

会場1 史跡旧崇広堂
会期 2020年7月11日(土)〜7月26日(日)
開館時間 10:00〜18:00
休廊日 火曜
場所 史跡旧崇広堂(三重県伊賀市上野丸之内78-1

会場2 gallery yamahon
会期 2020年7月11日(土)〜8月30日(日)
開館時間 11:00〜17:30
休館日 火曜
場所 gallery yamahon


出展作家 浅井庸佑/厚川文子/荒井智哉/安藤雅信/岩本忠美/岩田圭介/岩田美智子/内田鋼一/永木卓/大谷哲也/大谷桃子/大村剛/柏木円/加藤財/金森正起/川合優/寒川義雄/紀平佳丈/黒畑日佐代/小澄正雄/島田篤/城進/杉田明彦/千sen/竹口要/竹俣勇壱/辻村唯/津田清和/土田和茂/つちや織物所/富井貴志/冨沢恭子/中里隆/中野知昭/中村友美/中山秀斗/ハタノワタル/八田亨/初雪ポッケ/ヒガシ竹工所/ヒムカシ/福森道歩/古谷朱里/古谷宣幸/細川護光/細川由紀子/三谷龍二/山田洋次/山本忠正/吉田佳道/渡辺遼/atelier Une place surla Terre/Bowl Pond/mon Sakata/paisano

オンライン展覧会 先行開催

※初日は混雑が予想されるため、初日午前0時より[ yamahon online store ]でオンライン展覧会を開催いたします。
ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

【オンライン展覧会 生活工芸展】


GROUP EXHIBITION: Objects for Intentional Livings

PLACE1: SUKODOU

Jul. 11 - Jul. 26, 2020
Wednesday- Monday 10:00 - 18:00
Map: Sukodou

PLACE2: gallery yamahon

Jul. 11 - Aug. 30, 2020
Wednesday- Monday 11:00 - 17:30
Map: gallery yamahon

Yosuke Asai, Fumiko Atsukawa, Tomoya Arai, Tadami Iwamoto, Keisuke Iwata, Michiko Iwata, Koichi Uchida, Taku Eiki, Tetsuya Otani Momoko Otani, Takeshi Omura, Madoka Kashiwagi, Takara Kato, Masaki Kanamori, Masaru Kawai, YoshioKangawa, Yoshitake Kihira, Hisayo Kurohata, Masao Kozui, Atsushi Shimada, Susumu Jo, Akihiko Sugita, Sen, Kaname Takeguchi, Yuichi Takemata, Yui Tsujimura, Kiyokazu Tsuda, Kazushige Tsuchida, Tsuchiya Textile Studio, Takashi Tomii, Kyoko Tomizawa, Takashi Nakazato, Tomoaki Nakano, Yumi Nakamura, Hideto Nakayama, Wataru Hatano, Toru Hatta, Hatsuyuki Pkke, Higashi Bamboo Studio, Himukashi, Michioh Fuumori, Akari Furutani, Noriyuki Furutani, Morimitsu Hosokawa, Yukiko Hosokawa, Ruji Mitani, Yoji Yamada, Tadamasa Yamamoto, Yoshimichi Yoshida, Ryo Watanabe, atelier Une place surla Terre, Bowl Pond, mon Sakata, paisano


2020年2月22日、The Japan Foundation, Sydneyで開催する生活工芸展のオープニングに木工家の三谷龍二さんと私の2人で渡豪し、生活工芸を紹介して来ました。初日のトークイベントでは150人ほどの聴衆が来場され、日本の工芸に対する関心の高さを肌で感じて参りましたが、異なる文化圏において「生活工芸」という生活と共にある工芸を理解してもらうにはやはり補足としての言葉が必要です。今回、生活工芸の英訳を「Objects for Intentional Livings」としました。直訳では「意図的な(丁寧な、簡素な)暮らしの物」というニュアンスです。Intentional Livingとは、個人または集団がその価値と信念に従って生きようとする意識的な試みに基づいたライフスタイルを示すそうですが、この言葉で私の脳裏に思い浮かんだのはシェーカー教団の生活でした。キリスト教一派であるシェーカー教徒はコミュニティを形成し、厳格な規律と自給自足の質素な生活を営みました。その営みの中で生まれた美しい生活道具はその後、世界のデザインに大きな影響を与えました。日本においてもシェーカー家具、オーバルボックスの名で知る人も多いのではないでしょうか。シェーカーにみられるように、生活工芸もまた生活(Intentional living)と物(Objects)の関係性の中で生まれた言葉です。日本で受け継がれて来た工芸の要素や生活の在り方から生まれた生活工芸はこれからもその形を変え、広がることでしょう。  昨年に引き続き、今年も崇広堂とgallery yamahonに全国から素晴らしい作り手の作品が一堂に並びます。生活の中で楽しむ美の世界をどうぞご覧ください。

gallery yamahon 山本 忠臣


Part.1 あかね軒の和菓子の販売
滋賀の御餅菓子あかね軒より【豆もち】【大納言の水羊羹】を販売いたします。
※会期中は【本練羊羹】を販売いたします。

日時 2020年7月12日(日)11:00より
Part.2 まっちんの本わらび餅の販売
伊賀の和菓子屋「まっちん」の本わらび餅を数量限定で販売致します。

日時 2020年7月11日(土)11:00より
●菓子はgallery yamahonのみで販売いたします。
●販売についてのお問い合わせ先:TEL 0595-44-1911
●無くなり次第販売を終了させていただきます。
●ご提供はテイクアウトのみでございます。
◉同時開催 生活工芸展 in 史跡旧崇廣堂
伊賀焼や組紐など伝統工芸の盛んな伊賀市の中心地にある崇廣堂で生活工芸展を開催します。崇廣堂は伊賀市内にある藩士の子弟を教育するために建てられた江戸時代の藩校。創建当時のままの講堂などを見ることができ、国の史跡に指定されています。会期中に限り入場無料となります。


会場1 史跡旧崇廣堂
会期 2020年7月11日(土)〜7月26日(日)
開館時間 10:00〜18:00
休館日 火曜
場所 史跡旧崇広堂(三重県伊賀市上野丸之内78-1
◎駐車場や会場に関してのお問い合わせ先 | TEL 0595-24-6090
◎作品に関してのお問い合わせ先 | TEL 0595-44-1911
主催 | (公財)伊賀市文化都市協会
共催 | ギャラリーやまほん
企画 | 山本忠臣
後援 | 伊賀市・伊賀市教育委員会・名張市教育委員会