お知らせ

NEWS:お知らせ

【cafe noka】土日限定ランチのお知らせ

11月19日より土日限定でランチを始めます。

ランチ内容(数量限定) ¥1,080
  • ロールキャベツ
  • オープンオムレツ
  • グリーンサラダ
  • スープ
  • ご飯(伊賀・玉瀧産の伊賀米を使用)
【ランチ営業時間】
11:30 - 14:00 (L.O.)

※カフェのみのご利用は通常通り11:00 - 17:30 (17:00L.O.) でご利用いただけます。

美の壺にて富井貴志さんが紹介されます。

本日、11日(金)19:30からNHK BSプレミアム にて
放送の美の壺 「ぬくもりの木の器」で
明日11月12日よりうつわ 京都 やまほんにて展覧会が始まる富井貴志さんが紹介されます。
是非ご覧くださいませ。 詳細は美の壺ウェブサイトよりご覧いただけます。

GINZA キョウト展に参加いたします。

会期 2016年09月7日(金) ~ 09月13日(日)
(最終日は17:00まで)
場所 銀座三越7階
東京・銀座三越にて開催される『GINZA キョウト展』に
うつわ京都やまほんとして参加させていただきます。
お近くにお越しの際はどうぞお立ち寄りくださいませ。

台湾・やまほん展のご案内

gallery yamahon in Taiwan

gallery yamahon 展 (台湾)

会期 2016年7月30日(土)〜8月24日(水) 
開廊時間 12:00~20:00
場所 小器藝廊(+g)

gallery yamahon in Taiwan

JULY 30, - AUG 24, 2016
12:00 - 20:00
MAP:小器藝廊(+g)

中国茶事のご案内

安藤 雅信 陶磁器展 関連イベント ※このイベントは終了いたしました。

中国茶事 《CHINESE TEA CEREMONY》

日時 2016年7月17日(日)
◉一部 11:00〜13:30 満席 
◉二部 14:00〜16:30 
※各部定員10名
お知らせ 2016.06.12

インスタグラム始めました。

ギャラリーやまほん、うつわ京都やまほんのInstagram(インスタグラム)ページを開設いたしました。
展示会情報など更新しておりますので是非ご覧ください。

Follow us on instagram.

GALLERY YAMAHON
UTSUWA KYOTO YAMAHON

六九クラフトストリートに参加いたします。

会期 2016年05月27日(金) ~ 05月29日(日)
   11:00~18:00(最終日は17:00まで)
長野県松本市で開催される六九クラフトストリートに今年も出展させて頂く事となりました。
お近くにお越しの際には是非、お立ちよりください。

『これからの生活工芸』 トークショーのご案内

会期 6月3日(金) 午後6時~(約45分)
場所 阪急うめだギャラリー
出演 木工作家 三谷龍二さん
石村由起子さん
「ギャラリーやまほん」 山本忠臣
※参加費無料・ご予約不要
ギャラリーやまほんの代表・山本忠臣が9階 阪急うめだギャラリーにて行われるトークショーに参加いたします。

生活工芸プロジェクト shop labo:物と人

[ 物 と 人 ]

会期 2016年1月8日(金)〜3月6日(日)
開廊時間 11:00〜18:00
休廊日 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
場所 〒920-0962 石川県金沢市広坂1丁目2-20
お知らせ 2015.11.23

雑誌「住む。55号」をお読みになられた皆様へ

現在、発売されております雑誌「住む。55号」で塗師、赤木明登氏が連載される「名前のない道27_クラフトフェアはいらない?4」におきまして、ギャラリーやまほん店主、山本忠臣のトークイベント時の発言として書かれた発言引用に誤りがありましたのでお伝えさせて頂きます。

【工芸的反知性主義】と題された文章の中で
ギャラリーやまほん店主、山本忠臣の発言として「クラフトフェアのおかげで、いままで食えなかった若い作家さんたちが、やっと食えるようになったのはいいことじゃないですか。それを批判すべきではないのでは」と書かれていますが、トークイベント時の赤木氏自らの発言であり、山本の発言ではございませんでした。 
「『生活』というもの自体が、人によって違い、人それぞれ様々に解釈をされるものだから、あえて『生活工芸』とは何かを定義することはできないし、必要もないんじゃないか、という考え方が『生活工芸』という言葉を持ち出し、提唱している側にあり、自分もそれに賛同する」と引用された部分につきましても山本の発言ではなく、事実とは全く異なった記事となっております。

この発言はギャラリー運営の根幹に関わる重要な言葉でもあり、現在はこの事実が公表されていませんのでお知らせさせて頂きます。
読者の皆様におかれましては、誤解のないようよろしくお願い申し上げます。

次号「住む。56号」にて赤木氏の訂正と謝罪及び山本忠臣の特別寄稿が掲載される予定となっております。