NEWS

NEWS

雑誌「住む。」に寄稿しました。

住む。56号_冬[株式会社泰文館]

現在発売されている雑誌『住む。56号_冬』にやまほん代表の山本忠臣がクラフトフェアについて書きました寄稿文を掲載して頂きました。
クラフトフェアや生活工芸などに関して塗師・赤木明登氏が書かれました前号『住む。55号_秋 クラフトフェアはいらない?4』の文章を読み、論評を寄稿させて頂いております。
また同紙にはやまほん設計室として山本が会場構成に関わりました「佇まい展」(France_paris)の様子も掲載されております。是非、ご一読ください。

「京都うつわさんぽ」に掲載されました

京都うつわさんぽ[光村推古書院]

「京都のうつわセレクトショップ 」で うつわ京都やまほんを紹介頂きました。

◉p.37に掲載されています。

お知らせ 2015.11.23

雑誌「住む。55号」をお読みになられた皆様へ

現在、発売されております雑誌「住む。55号」で塗師、赤木明登氏が連載される「名前のない道27_クラフトフェアはいらない?4」におきまして、ギャラリーやまほん店主、山本忠臣のトークイベント時の発言として書かれた発言引用に誤りがありましたのでお伝えさせて頂きます。

【工芸的反知性主義】と題された文章の中で
ギャラリーやまほん店主、山本忠臣の発言として「クラフトフェアのおかげで、いままで食えなかった若い作家さんたちが、やっと食えるようになったのはいいことじゃないですか。それを批判すべきではないのでは」と書かれていますが、トークイベント時の赤木氏自らの発言であり、山本の発言ではございませんでした。 
「『生活』というもの自体が、人によって違い、人それぞれ様々に解釈をされるものだから、あえて『生活工芸』とは何かを定義することはできないし、必要もないんじゃないか、という考え方が『生活工芸』という言葉を持ち出し、提唱している側にあり、自分もそれに賛同する」と引用された部分につきましても山本の発言ではなく、事実とは全く異なった記事となっております。

この発言はギャラリー運営の根幹に関わる重要な言葉でもあり、現在はこの事実が公表されていませんのでお知らせさせて頂きます。
読者の皆様におかれましては、誤解のないようよろしくお願い申し上げます。

次号「住む。56号」にて赤木氏の訂正と謝罪及び山本忠臣の特別寄稿が掲載される予定となっております。

トリコガイド「伊勢・志摩」に掲載されました

トリコガイド伊勢・志摩[エイ出版社]

「 ACTIVITY IGA 」で ギャラリーやまほんを紹介頂きました。

◉p.44に掲載されています。

雑誌「モメンタム」に掲載されました

MOMENTUM[日経BP社]

「 芸術的オブジェクト、クラフツマンの凄み 」で うつわ京都やまほんを紹介頂きました。

◉p.56に掲載されています。

佃 眞吾 木工藝 展のご案内

Exhibition kyoto yamahon VOL.54

佃 眞吾 木工藝 展

会期 2015年10月24日(土)〜 11月18日(水)
開廊時間 11:00〜18:30
休廊日 火曜
※11月3日[火・祝]は営 業、翌日4日[水]を休廊とさせて頂きます
場所 うつわ京都やまほん

森岡 成好・由利子 陶 展のご案内

Exhibition kyoto yamahon VOL.55

森岡 成好・由利子 陶 展

会期 2015年11月21日(土)〜12月 16日(水) 
開廊時間 11:00〜18:30
休廊日 火曜
作家在廊日 11 月21日(土) 
場所 うつわ京都やまほん

mon Sakata展のご案内

VOL.92_mon Sakata_Exhibition

15 Autumu / Winter mon Sakata

会期 2015年10月31日(土)〜 11月15日(日)
開廊時間 11:00〜17:30
休廊日 火曜
※11月3日(火・祝)は開廊 、翌日4日(水)を休廊とさせて頂きます。
場所 gallery yamahon
作家在廊日 初日 10月31日(土)

雑誌「大人のおしゃれ手帖」に掲載されました

大人のおしゃれ手帖[宝島社]

ブックインブック「 いいもの見つけに秋の京都へ 」
「日常使いの器」でうつわ京都やまほんを紹介頂きました。

◉p.19に掲載されています。

雑誌「別冊Discover Japan」に掲載されました

別冊Discover Japan
うつわ作家50人の定番案内[エイ出版]

「 人気ギャラリーが選ぶ うつわ作家50人の定番図鑑 」というページにギャラリーやまほんからは猪狩史幸、川合優、城進、佃眞吾、辻和美、津田清和、富井貴志、山本忠正の8名の作家を紹介させて頂きました。他にも多数、作家のうつわが紹介されていますので、ぜひ書店で手にお取り下さい。