展覧会|京都 「森岡由利子 陶磁器展 」開催のお知らせ。

森岡由利子 陶磁器展

会期|8月26日(金) ▷ 9月7日(水)
開廊時間|11:00~18:30 会期中無休
場所|Kyoto yamahon
作家在廊日 8月26日(金) 27日(土)
No.155 Yuriko Morioka: Pottery
Aug. 26 – Sept. 7, 2022
Open everyday during the exhibition
11:00 – 18:30
MAP: Kyoto yamahon

和歌山県天野にて作陶される、森岡由利子さんの展覧会を開催いたします。焼〆・土器を経て、現在は薪窯焼成の白磁を主に制作される森岡さん。実際に韓国の窯場を訪れて陶器作りを学んだ経験を活かし、現在も李朝の器に想いを馳せながら白磁を追求し続けています。豊かで厳しい自然の中での生活で生まれた作品からは母性のようなおおらかさ、懐の深さが感じられます。今回の展覧会では日常使いの器から胴継の壺や染付の作品なども出展していただきますので、どうぞご高覧下さいませ。


We are pleased to announce an exhibition by Yuriko Morioka, a ceramist based in Amano, Wakayama prefecture. After Yakishime and earthenware making, she is now mainly creating Hakuji by the wood-fired kiln. She has visited the kiln sites of South Korea to learn pottery making. Through this experience, she started creating ceramics that are deeply influenced by the vessels of the Joseon Dynasty of Korea. Her works are born from the rich but severe nature environment and that‘s the reason why they are with the beauty and grace that expresses a feeling of motherhood. There will be a larger range of works from table wares for everyday use, to Dohagi jars and Sometsuke wares on show.
We are looking forward to your visit.

森岡由利子 Yuriko Morioka

経歴
1955年 岩手県に生まれる
1978年 早池峯に登り以来山登りをする
1982年 焼き〆・土器を経て白磁制作を始める。韓国の窯場を訪れ陶器作りの実際を学ぶ
2013年 現在まで国内外で多数個展を開催