展覧会|伊賀「ミナ ペルホネン 色景」展 開催のお知らせ。

色景 IRO-KEI

minä perhonen

会期|2020年11月13日(金)→ 12月6日(日)
    ※13日(金)〜15日(日)は完全予約制
    ご予約についての詳細はこちらから

開廊時間|11:00~17:30

定休日|火曜
場所|gallery yamahon
デザイナー在廊日|11月13日、14日、15日

IRO-KEI|minä perhonen

Nov. 13, – Dec. 6, 2020
Wednesday- Monday 11:00 – 17:30
MAP: gallery yamahon

『色景』は『景色』を逆さまにしてみた造語です。そこから見えてくるものは何だろうか。その問いへの答えは当たり前の景色、慣習、概念の存在を見つめ直して目の前に在る事象に素の気持ちで向き合って見た時に新たな視点と出会うことで見えてくるのだと思います。当たり前のように浸透している事象をあらためて見つめたり意識し直すということを今、大切にしてみたいと思っています。

皆川明


gallery yamahon20周年となる今年、最後の展覧会となる「ミナ ペルホネン 色景」展を開催致します。昨年から今年にかけて東京都現代美術館、兵庫県立美術館ではミナ ペルホネンの大規模な展覧会が開催され、デザイナーである皆川明とミナ ペルホネンの膨大な思考と挑戦が形となった25年の歩みに感動された方も多いのではないでしょうか。1995年、皆川は「minä perhonen」の前身である「minä」を設立し、ファッション・テキスタイルデザインを中心に活動してきました。既存のファッションの在り方に疑問を抱き、皆川が考える洋服や流通などの在り方はこれまでのファッションの常識とは異なり、ファッション業界にもとらわれることなく、独自のものづくりと思想で活動を続けています。ファッションをシーズン毎の流行としてではなく、ハンドドローイングの図案を描き、しっかりと時間をかけて生地作りをし、洋服は作られます。こうして情熱と時間をかけて作られた作品(洋服)はgallery yamahonが紹介させて頂いている生活と共にある工芸品や美術品と同じ魅力があり、工芸作家を始め、アート、建築に関わる多くの人達に影響を与えています。特にデザイナーの皆川が描く強い線と個性的な絵や紋様からは静かに秘められた内なるものを感じ、まだ見ぬ景色、それは抽象画を見る感覚です。本展では、この展覧会のために作られた洋服や今シーズンに制作された洋服を中心に器や文具などのミナ ペルホネンの作品を幅広くご紹介します。
ミナ ペルホネンの仕事を通して、今展のタイトルである「色景」にあるよう日常生活の中にある当たり前の景色を新たに発見し、感じて頂ける機会となれば幸いです。

山本忠臣

minä perhonen
オリジナルの図案によるファブリックを作るところから服作りを進める。国内外の生地産地と連携し、 素材開発や技術開発にも精力的に取り組む。 ブランド名は、デザイナーが北欧への旅を重ねる中で、そのライフスタイルやカルチャーに共鳴し、フィ ンランドの言葉から取った。「minä」は「私」、「perhonen」は「ちょうちょ」を意味する言葉。蝶の美 しい羽のような図案を軽やかに作っていきたいという願いを込めている。ブランドロゴは、「私(四角) の中のさまざまな個性(粒の集合)」を表す。蝶の種類が数え切れないほどあるように、デザイナーの 生み出すデザインもまた、増え続ける。

【注意】
11月13日(金)、14日(土)、15日(日)は完全予約制です。
恐れ入りますが、ご予約なしのお客様はギャラリー内へお入りいただくことができませんのでご了承くださいませ。


<<ご予約について>>


【カフェのご利用について】
11月13日(金)〜15日(日)は、展覧会の入場ご予約いただいているお客様のみご利用いただけます。
展覧会の来場ご予約がないお客様はお入りいただくことができません。
また、お席およびお食事のご予約は承っておりません。満席の場合は順次ご案内させていただきます。